発毛を促進するアミノ酸

育毛剤(男性・女性)比較ランキング TOP → 育毛に必要なコト → 発毛を促進するアミノ酸

発毛を促進するアミノ酸

ダイエットや美容のためと偏った食事や食事制限をすることで、ほしい効果よりも悪い効果として爪が乾燥し二枚爪になったり髪にツヤがなくなりパサパサになる人がいます。
食事に含まれている食材には様々な栄養素があり、髪の毛に必要不可欠とされるたんぱく質を構成しているアミノ酸が不足することでも発毛に大きく関わってきます。
アミノ酸は20種類ほどあり、中でも必須アミノ酸は9種類であり、その必須アミノ酸は体内から生成されないため外から摂取しなければ補えない大事な成分です。
アミノ酸は髪の毛以外にもホルモンや血液内の細胞であったり、内臓や皮膚、筋肉などをつくるのに必要な大事な成分です。
特に必須アミノ酸は外部からの補給により体内に入ることができるので、食事をきちんととったりサプリメントなどで補っていかなければなりません。
必須アミノ酸は、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、メチオニン、バリン、リジン、フェルアラニンの9種類です。
せっかく摂取しても必要摂取量に満たなければ栄養バランスが悪くなり、体に吸収されず無駄になります。
アミノ酸の摂取が必要とがんばって摂取しても、効率よく吸収されなければ効果が実感できずに終わるため、長期的にがんばることができないでしょう。
また、食品でアミノ酸を摂取しようとしても、食べ合わせが良くなければ吸収を妨げることになるので、食べ合わせもとても重要ポイントとなります。
卵でも生卵には多くのアミノ酸が含まれており、生卵の食べ方として卵かけごはんをする人も多いでしょう。
しかし、生卵に含まれているタンパク質のアビジンは、腸内でビオチンとくっついてしまい、アミノ酸が吸収されないため摂取の意味がなくなります。
アミノ酸をたくさん含んでいる食材では、動物性として牛のサーロイン、豚ロース、ロースハム、豚レバー、鶏もも、鶏むね、鶏レバー、馬肉、ヤギ肉、魚類では、マグロ、カツオ、サケ、アナゴ、アジ、イワシがあります。
あとは豆製品である豆腐、納豆、大豆もあります。
他には卵、牛乳、かまぼこなどです。
これらを積極的に取り入れるのはよいのですが、体に吸収されているかは組み合わせ次第でもありますので注意が必要なのと、摂取しすぎるのも副作用があることがあるため気を付けていきましょう。